こんにちは!
子安です!

今日はグリップテープのお話です。
グリップテープと言えば一般的には「オーバーグリップ(上巻き用グリップ)」のことを指します。
これは汗や汚れでフィーリングが低下する前にマメに巻き替えるものです。
選手は試合中にも巻き替えますが、皆さんも定期的に巻き替えてくださいね!
どのメーカーもカラフルなラインナップで、カラーリングを楽しむのもアリです。
レイムテニスセンターでも常時数種類をご用意しています。

グリップテープには元々ラケットに巻かれている”通称”元グリもあります。
「元々巻いてあるグリップテープ」=「元グリ」ですね。
ラケット本体の一部という扱いで、これの交換に必要な”元グリ”の単体での名称は「リプレースメントグリップ(巻き替え用グリップ)」となります。

皆さんはその「リプレースメントグリップ」を交換したことありますか?
グリップテープは使い込んで行くうちに、徐々に手の形につぶれていきます。
(手に馴染んで来て良い感じ!)と思いがちですが、本来あるクッション性を失ってしまうので実は良くありません。
なので「リプレースメントグリップ」も定期的に交換することをおススメします。
ラケットを購入してから一度も交換したことない方は、是非一度我々コーチ陣にご相談ください。
もちろんレイムテニスセンターでは「リプレースメントグリップ」もご用意しております。

最初は『買っても自分で巻けない……』という方が殆どですので、「オーバーグリップ」「リプレースメントグリップ」いずれもご購入後はお気軽にコーチをお呼びください!

ではコートでお待ちしてます!

Staff Blog:https://raym.tsjpn.com/archives/category/staffblog

【TSJAPAN】テニススクール
icon_testレイムテニスセンター(埼玉県川口市)
icon_testみんなのテニス(埼玉県志木市)
icon_test春野インドアテニスステージ(埼玉県さいたま市見沼区)
icon_test三芳テニスアカデミー(埼玉県入間郡三芳町)