小林です。
昨日の全豪、錦織圭の試合。
ちょうどレッスン中だったので、見てはいなかったのですが、
とってもファンのお客様が、ライブスコアを確認しながらレッスンを受けていて、(その方は一進一退の展開にレッスンはほとんど中断状態でした)
「あー」とか「きゃー」とか「タイブレイク9-7勝った勝った」「え、まだやってる」(恥ずかしながら、私も今年からスーパータイブレイク忘れてました)
と盛り上がっていたので、結果は知ってましたが、昨晩徹夜で録画を見ました。

感想は、これ見てなくてよかった。両者とも凄すぎる。
ファイナルセットまでもつれ込んでのスーパータイブレイク10-7
3時間48分。本当にラリーの少ないたたき合い。
長身210センチの相手カルロビッチのサービスエースはなんと59本。
ファーストサーブの確率は75% 最高速度は219キロ 平均速度は204キロ
普通ダメでしょ。これ。

それを食らいついて返球し次の一撃で仕留める。錦織の凄さ。
お互いのも長所をすべて出し切った、一瞬も気の緩まない試合でした。
録画なのにトイレいけなかった。結果を知ってたからよかったものの、ライブだったら血圧は200まで上がってたでしょう。

というわけで、興奮して昨夜は結局寝られなかったので、
こんばんは飲んでもう寝ます。

View this post on Instagram

💦

Kei Nishikoriさん(@keinishikori)がシェアした投稿 –

Staff Blog:https://raym.tsjpn.com/archives/category/staffblog

【TSJAPAN】テニススクール
icon_testレイムテニスセンター(埼玉県川口市)
icon_testみんなのテニス(埼玉県志木市)
icon_test春野インドアテニスステージ(埼玉県さいたま市見沼区)
icon_test三芳テニスアカデミー(埼玉県入間郡三芳町)